理事長メッセージ
image
立石 曉 Satoru Tateishi

長崎市出身
昭和46
年3月 九州大学法学部卒業
昭和46年4月 長崎県職員
         教育庁財務課長、教育庁総務課長、
         企画部企画課長、企画部次長、
         政策調整局長を歴任。

平成16年4月 教育委員会教育長
平成18年4月 長崎県副知事
平成21年4月 長崎県信用保証協会会長
平成24年6月 学校法人長崎総合科学大学 理事
        学校法人長崎総合科学大学 評議員
        学校法人長崎総合科学大学 副理事長

平成24年11月 学校法人長崎総合科学大学理事長
line


今年こそは、地方創生の鍵が、地方大学の活性化にあることや地方大学の特色や魅力をこれまで以上に発信していかなければ、と初詣に誓ったばかりだったのに、全世界で吹き荒れるトランプ旋風に加え、大学教育の総本山でただならぬ不祥事が発覚し、地方の教育現場を愚直に守る私たち田舎教職員にも、動揺と憂慮が拡がっている。それでなくても、日頃から、大都市所在のガリバー大学優先ではないか、地方私大は置き去り(left behind)にされているのではないか、とひがみがちな私たちにとっては、悔しさと虚しさが募る昨今である。しかし、私たちには、私たちの心血を注ぎ込んで育んでいるたくさんの学生・生徒・こどもたちが身近にいる。希望は、彼らのなかにある。

 


line