2013年度までの学部・学科アドミッションポリシー
 
工学部
(募集停止)

 

 工学部は、人類社会に共通の人間的諸価値を追求して工学的に実現するとともに、持続可能な循環型社会の構築に貢献できる人材を育成することを目的とします。

  そのために、本学部は次のような学生を求めます。

1 知的好奇心が旺盛で、自ら工学的課題を見つけチャレンジする人

2 ものづくりが好きで、科学技術に興味をもち、本学部でさらに能力を向上させようとする人

3 高い志を持ち、ものづくりの専門知識を活かして社会に貢献したい人

 

Ⅰ 船舶工学科

 船舶工学科は、船と海に関する専門知識を学ぶことによって、優れた船舶を設計建造できる技術者や海洋の環境を保全し活用する優れた専門家を育成することを目的とします。
 そのために、本学科は次のような学生を求めます。

1 船や海の好きな人

2 学んだ専門知識を通じて国際的に貢献したいと考える主体的な学習意欲を持った人

 

 

Ⅱ 機械工学科

 機械工学科は、製造業を中心に、現代社会に役立つものづくりに貢献できる技術者を育成することを目的とします。
 そのために、本学科は次のような学生を求めます。

1 機械やメカニズムが好きで、能力をさらに伸ばしたい人

2 環境に優しいものづくりを通して、世の中のためになることをしたい人

 

 

Ⅲ 電気電子工学科 

 電気電子工学科は、専門的能力をもって社会に貢献できる電気・電子技術者並びに医療電子技術に関する専門家を育成します。
 そのために、本学科は次のような学生を求めます。

1 電気工学、電子工学、臨床工学を学ぶための基礎教科の基礎学力がある人

2 広範囲な事象に対して強い好奇心を持ち、電気・電子技術並びに医療電子技術を活用して社会に貢献したい
と強く希望する人

 

情報学部
(募集停止)

 

 情報学部は、多様な立場から情報技術を活用できるとともに、学際的見地から情報と既存システムの融合を図り、高度情報化社会の要請に柔軟に対応しうる人材を育成することを目的とします。
  そのために、本学部は次のような学生を求めます。

1 情報技術の習得をめざす強い意志を持つ人

2 基礎学力を大切にし、自らの能力を伸ばそうとする人

3 課題を発見し、その解決に向って努力する人

 

 

Ⅰ 知能情報学科

 知能情報学科は、情報通信技術を活用して、より高度なシステムの開発、人間と機械の融合及びコミュニケーションの円滑化を実現できる情報技術者を育成することを目的とします。
 そのために、本学科は次のような学生を求めます。

1 人間の知能や心に関心があり、新しいコンピュータやロボットの創造に夢を持っている人 

2 情報技術の活用とともに、感性と想像力を活かした情報のデザインをめざす人

 

 

Ⅱ 経営情報学科

 経営情報学科は、企業活動全体を支援することができる確かな情報技術を身につけた経営管理者を育成することを目的とします。
 そのために、本学科は次のような学生を求めます。

1 企業や経営への関心があり、企業や経営について、深く学びたいという意欲を持っている人

2 情報技術を学ぶとともに、情報技術の経営への活用をめざす人

 

環境・建築学部
(募集停止)

 

 環境・建築学部は、人間社会における諸価値の関係性を追及するとともに、持続可能な循環型社会の構築に寄与できる高い環境意識と、環境および建築に関する技術、ならびに応用的能力を有する人材を育成することを目的としています。
  そのために、本学部は次のような学生を求めます。

1 基礎的学力を有し、自主的かつ主体的な学習態度を有する人

2 将来、環境および建築分野において社会に貢献したいと考えている人

 

 

Ⅰ 人間環境学科

 人間環境学科は、人間と環境の相互関係を総合的に探求し、環境への責任を担いうる人格と、環境問題の実践的解決能力を有する人材を育成することを目的としています。
 そのために、本学科は次のような学生を求めます。

1 環境に対する強い関心と学習意欲を持ち、環境問題を自ら発見・解決する意欲のある人

2 地域の課題解決に向けて積極的に取り組み、行動力とコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を
高めたい人

 

 

Ⅱ 建築学科

 建築学科は、人間の諸活動を支える住居、建築、都市空間を創造し、安全で文化的な社会づくりに貢献できる建築技術者ならびに居住に関する専門技術者を育成することを目的としています。
 そのために、本学科は次のような学生を求めます。

1 基礎的学力を有し、建築や住まいに興味と関心が高い人

2 チャレンジ精神旺盛で、専門的感性や知識を求め、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を高め
たい人

 

 

line

 

このページのトップへ