梶原一宏助教が電気・情報関係学会九州支部「連合大会講演奨励賞」およびIEEE主催の国際会議において「Best Paper Award」を受賞

2017年01月31日

工学部工学科電気電子工学コースの梶原一宏助教が電気・情報関係学会九州支部「連合大会講演奨励賞」およびIEEE主催の国際会議において「Best Paper Award」を受賞しました。

 

 

【平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会で『連合大会講演奨励賞』を受賞】

 

2016年9月29日から30日にかけて宮崎大学にて開催された「平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会」において、"ピーク電流を用いたディジタル制御方式DC-DCコンバータの周波数解析について"と題する論文発表を行い、【連合大会講演奨励賞】に選出されました。

 本大会は、電子情報通信学会、電気学会、情報処理学会、照明学会、電気設備学会、映像情報メディア学会、日本音響学会の各九州支部およびIEEE Fukuoka Sectionが主催しており,本賞はすべての発表の中(本年度は400件)から優秀な論文発表に対して毎年7~8件に贈られるものです。

 

 

【IEEE主催の国際会議において「Best Paper Award」を受賞】

 

2016年11月28日から30日にかけてジョグジャカルタ(インドネシア)にて開催されたバンドン工科大学(インドネシア)およびIEEE (米国電気電子学会)主催の第3回「The 3rd IEEE Conference on Power Engineering and Renewable Energy 2016 (ICPERE2016)」において、"A New Digital Hysteresis Current Control for Switching Power Converters"(共著:長崎大学工学研究科黒川不二雄教授、同博士前期課程1年久保山聡之さん)と題する論文発表を行い、The 3rd Best Paper Awardに選出されました。

 本賞は、本国際会議のすべての論文(47件)からきわめて優秀な論文3件に贈られるものです。

 

 

□電気電子工学コース

http://www.nias.ac.jp/faculty/engineering/#k-04

http://www.elc.nias.ac.jp/

インドネシアでの受賞式「Best Paper Award」を受賞

インドネシアでの受賞式「Best Paper Award」を受賞

「ICPERE2016」での論文発表の様子

「ICPERE2016」での論文発表の様子

「連合大会講演奨励賞」賞状を持つ梶原一宏助教

「連合大会講演奨励賞」賞状を持つ梶原一宏助教


  • NiAS入試マガジン
  • 長崎総合科学大学 Facebook公式ページ
  • NiASムービー
  • NiASセミナー
  • 情報公開
  • 専任教員の紹介
  • 公開講演会・公開講座
  • 研究・産官学連携
  • 教員公募

モバイルサイトモバイルサイトの詳しくはコチラ


アドビリーダーのダウンロード当サイト内の一部のコンテンツをご覧になるには最新の「ADOBE READER」が必要です。「ADOBE READER」はこちらからダウンロードできます。