【講演会】「異種デバイス高速結合型高密度情報処理システムの展望」開催します(2018.2.7)

2018年01月25日

2月7日、本学で「異種デバイス高速結合型高密度情報処理システムの展望」講演会を開催いたします。

 

 日時 2018年2月7日10時~18時

 

 場所 長崎総合科学大学 グリーンヒルキャンパス

 

 講演(予定):

    郡司卓(東大CNS)   粒子物理実験におけるGPUの応用可能性 -ALICE実験を例に-

    長名保範(琉球大)  マルチFPGAによるアクセラレーション実現のためのプラットフォームの開発

    柴田裕一郎(長崎大)高位合成コンパイラを用いた3Dステンシル計算のFPGAアクセラレーションと最適化

    佐甲博之(原研)    J-PARC-HI計画におけるコンピューティング

    大山健(長総大)    CERN LHC ALICE実験におけるFPGAを用いた大量並列型データ処理における課題

 

    * この他の講演・議題も募集しております。

 

□詳細はこちらをご覧ください。

https://indico.cern.ch/event/691936/


  • NiAS入試マガジン
  • 長崎総合科学大学 Facebook公式ページ
  • NiASムービー
  • NiASセミナー
  • 情報公開
  • 専任教員の紹介
  • 公開講演会・公開講座
  • 研究・産官学連携
  • 教員公募

モバイルサイトモバイルサイトの詳しくはコチラ


アドビリーダーのダウンロード当サイト内の一部のコンテンツをご覧になるには最新の「ADOBE READER」が必要です。「ADOBE READER」はこちらからダウンロードできます。