山田由香里教授が『鉄川与助の大工道具』を出版

2018年11月19日

本学の建築学コース教授

山田由香里先生が『鉄川与助の大工道具』を出版しました。

 

鉄川与助は、明治期から長崎県を中心に多くのカトリックの教会堂建築を手がけたことで知られる現新上五島町出身の大工棟梁・建築家。

 

山田教授は2008年に、鉄川が使っていたかんな台座の存在を知り、現代の道具職人の協力の下、道具を復元。その経緯を含めて記すと同時に、最終章には1906~1951年の西洋の最新デザインを集めた建物総覧も掲載。

世界遺産となった教会堂を新視点で見る意欲作として注目されています。

 

『鉄川与助の大工道具』

山田 由香里 (著)

長崎文献社刊、

B5判131ページ

2592円

https://www.amazon.co.jp/%E9%89%84%E5%B7%9D%E4%B8%8E%E5%8A%A9%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%B7%A5%E9%81%93%E5%85%B7-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E7%94%B1%E9%A6%99%E9%87%8C/dp/4888513007

 

 

『鉄川与助の大工道具』

『鉄川与助の大工道具』

長崎新聞2018.11.18掲載記事

長崎新聞2018.11.18掲載記事


  • NiAS入試マガジン
  • 長崎総合科学大学 Facebook公式ページ
  • NiASムービー
  • NiASセミナー
  • 情報公開
  • 専任教員の紹介
  • 公開講演会・公開講座
  • 研究・産官学連携
  • 教員公募

モバイルサイトモバイルサイトの詳しくはコチラ


アドビリーダーのダウンロード当サイト内の一部のコンテンツをご覧になるには最新の「ADOBE READER」が必要です。「ADOBE READER」はこちらからダウンロードできます。