What’s new

体験学習の活用 長崎明誠高校の皆さんが来校(10月21日)

2020年10月22日

関心をもつ大学・専門学校・企業を訪ね、進路選択の視野を広げるとともに目的 をもって学習に取り組む態度を養うために来校されました。

期 日

  • 令和2年10月21日(水)

生 徒

  • 1年生 30名

日 程

  1. 開講式 10:00~10:20 (3号館4階 大会議室)

  2. キャンパス見学
    10:25~10:50 
    『医療機器の紹介・見学』 (電気実験棟2階 実習室)
    先生:医療工学コース  清水悦郎先生

    11:00~11:25
    『構造強度実験室の見学』 (1号館1階 構造強度実験室)
    先生:機械工学コース  松川豊先生

  3. 閉講式・昼食 11:30~12:00 (3号館4階 大会議室)

キャンパス見学の様子

医療機器の紹介・見学

『臨床工学技士とは?』

《学生の感想》見学したコースは2つでしたが、どのコースもとても面白そうで、学びがいがありそうだと思いました。看護師の母から医療の話はよく聞くのですが、臨床工学技士のことは初めて知りました。将来の夢などは決まっていませんが、臨床工学技士の話を聞いてとても興味が湧きました。先生方には分かりやすく丁寧に話をしていただいたので、どのコースにも関心を抱くことができました。

『医療機器の紹介~電気メスの使い方~』

《学生の感想》ふだん生活していく中で、今まであまり興味がなかった腎臓のことや医療機器にかかる費用、機械工学がどのようなものであるかなどを知ることができました。臨床工学技士をめざしている人、実際に現場で活躍されている人たちの努力の一端を知ることができたことは大きな収穫の一つです。今後、本日教えていただいた知識をどう生かせばよいのかを考え、教えを無駄にしないような高校生活を頑張っていきたいです。

構造強度実験室の見学

『実機を使って学びを深める』

《学生の感想》キャンパス見学を通して、どのようなコースがあり、どのようなことをしているのかを知ることができました。医療工学コース、機械工学コースでは実験室や使用する機械の説明を受けましたが、医療工学コースの医療と工学を両方学べるコースはいいなと思いました。自分の学びたいことをより深く学べる大学だと分かり、興味が湧きました。大学でしっかり学ぶためにも高校での日々の授業を大切に受けていきたいです。

『航空機に働く空気の力とは?』

《学生の感想》機械工学コースでは数十年前まで実際に飛行していた飛行機の一部分を触ったり、中に入ったりしたことがとても印象的でした。先生が言われた「知識があるだけではだめ。実践も大事」という言葉が胸に響きました。何事も実際にやってみることが大事なのだと改めて気づかされた見学でした。医療工学コースでは実際に医療現場で使われる機械を触ったり、近くで見ることができ、とても良い経験になりました。ここでも心に残った言葉があります。「大変な仕事ほどやりがいは大きい」という言葉です。私にはとても響きました。これまで工学があまり好きではありませんでしたが、今回の見学を通じてとても好きになり、興味を持つようになりました。これから自分の進路を決めていく中でしっかり参考にしたいと思います。

 

長崎総合科学大学 体験学習のご案内

>>>体験学習のご案内

開講式

開講式

DVDで学校紹介

DVDで学校紹介

電気実験棟の医療器材

電気実験棟の医療器材

構造強度実験室の機材

構造強度実験室の機材

空気の力を体感

空気の力を体感