専任教員紹介

氏名 松岡 和彦(MATSUOKA Kazuhiko) 職名・学位 准教授 博士(工学)・長崎総合科学大学
所属1 工学部工学科 船舶工学コース
所属2 大学院 工学研究科
所属3 大学院 新技術創成研究所
所属4
所属5
所属学会 日本船舶海洋工学会
メール
専攻分野
専門分野 構造強度、造船設計システム
研究テーマ
研究概要
担当科目等 材料力学
特許 特開2006-146779(P2006-146779A) 船舶設計検討システム 松岡和彦、田中義雄、カハルディン・ジェノド
研究活動
論文 初期構造計画時における3次元CADを利用した船殻モデルの構築に関する研究 共著 2004年8月 西部造船会会報、第108号 松岡和彦、野瀬幹夫 pp.261-274.
  船殻中央横断面のSub Optimizationによる構造最適化システムの研究 共著 2005年3月 西部造船会会報、第109号 松岡和彦、カハルディン・ジェノド、田中義雄、大久保禎ニ pp.33-47.
  遺伝的アルゴリズムを用いた船殻構造最適化システムの研究 共著 2002年2月 弓削商船高等専門学校紀要、第24巻 松岡和彦、山田貴志 pp.33-37.
  初期構造計画時における3次元CADを利用した設計検討システムに関する研究 共著 2004年11月 日本造船学会講演会論文集、第4号 松岡和彦、野瀬幹夫 pp.19-20.
  船舶機関室の機器モジュールによる最適設計 単著 2008年9月 日本機械学会第18回設計工学・システム部門講演会論文集 松岡和彦 pp.98~103.
  パイプ仕分け作業に用いる耐熱無線通信タグ(溶融亜鉛めっき適用可)に関する研究 共著 2011年5月 日本船舶海洋工学会講演会論文集、第12号 松岡和彦、木戸川充彦、宮島淳 pp.257~259.
その他 殻艤一環システムの現場での運用とその効果・課題 単著 2006年5月 日本船舶海洋工学会誌 KANRIN (咸臨)、第6号 松岡和彦 pp.51-55.
その他の主な活動
その他の活動 2008~2010年 関西海事教育アライアンス 造船技術特論講師(船殻構造 担当)*2009~2010年:大阪府立大学 非常勤講師
  2009~2010年 日本マリンエンジニアリング学会 技術者継続教育基礎コース講師(船殻構造 担当)