寮歌

作詞 造船22年卒 大下 法行

  1. 茫漠 ( ぼうばく ) たりや玄海の
    緑に青く海深し
    理想の海に漕がんかな
    我等が叡智の色ぞこれ
  2. 入日に告ぐる 梵鐘 ( ぼんしょう )
    余韻を聞きて ( たたず ) めば
    清き泉 滾々 ( こんこん )
    暮明に ( けぶ ) る南蛮寺
  3. 真白き 海馬 ( かいば ) 追い駈けり
    轟然散って岩を ( )
    怒りて狂う寒風は
    猛き 男子 ( おのこ ) の情熱か
  4. 漁火霞む浜に立ち
    友達 ( ともどち ) 集いて歌うとき
    我若人の感激を
    緑酒を汲みて舞わんかな

 

▲このページのトップへ

 

別離の歌

作詞 機械20年卒 前田 陸奥夫

  1. 唐の都に月を見て
    祖国 ( くに ) の山河しのび泣く
    かの 麿人 ( まろびと ) のそれに似て
    ふるさと慕ふ日もありき。
  2. 歴史 ( ふみ ) にあくがれ古跡なる
    やまに遊びし日もありき
    又はさすらいの人となり
    石を ( いだ ) きし日もありき。
  3. 春知るころの苦しさに
    浜辺に出でて ( ) をとれば
    身を浮き舟の浮き沈み
    あくがれ渡る日もありき。
  4. 玄海寮の想い出は
    あげつらふべき ( すべ ) もなし
    星なき夜の 漁火 ( いさりび )
    などその数に及ぶべき。
  5. 君と吾との草枕
    たどりし道の遙けくも
    夢あらばとてたどりしを
    涙にぬるる旅衣。
  6. 君恋ふるとて ( すべ ) もなく
    三年 ( みとせ ) の春はうつろいぬ
    嗚呼肩くみて歌はなむ
    何時の日逢はむ君と吾
    涙さしぐみ歌はなむ。

 

▲このページのトップへ

 

覇者の道

  1. 勇者敵なし造大
    見よ強者この栄を
    理想の猛士の座を
    我等ぞ占むるもの
  2. 威力敵なし造大
    聞け強者この歌を
    日見の山麓に
    ( こだま ) ぞ駈け巡る
  3. 勝利早や我が造大
    見よ強者この旗を
    今日の感激は
    我等ぞのみ知れり

 

▲このページのトップへ

 

造大節

  1. 造大の ( おい ) どんがノーエ
    エッセン炊けばよ
    できる焦げ飯ノーエ
    鍋焦がす鍋焦がす
    ホラエッセラセノセ
    ホラエッセラセノセ
  2. 造大の俺どんにノーエ
    惚れない方はよ
    木仏金仏ノーエ
    石仏 石仏
    ホラエッセラセノセ
    ホラエッセラセノセ
  3. 造大の俺どんがノーエ
    大学出ればよ
    肩で風切るノーエ
    技師かルンペンか
    ホラエッセラセノセ
    ホラエッセラセノセ

 

▲このページのトップへ

 

応援小唄

  1. ここは九州か長崎の街か
    長崎の街なら大学は造大
  2. 造船大学の学生さんは
    網場の港を制服制帽
  3. 制服制帽は造大育ち
    意気は高くて男前
  4. 丈夫 ( ますらお ) 集える誉の学舎
    負けるな造大名がすたる
  5. 若葉燃ゆる清水が丘で
    高き理想の朝日が昇る
  6. 大学造大の学生さんは
    義理と人情のよか男

 

▲このページのトップへ

 

造大応援歌

  1. ここは長崎網場の街
    我等が造大ここに建つ
    千々岩の海は今日も荒れ
    波打つ岸に我等立つ
  2. 造大健児は意気盛ん
    行け行け我らここに在り
    今日の勝利を信じつつ
    我は唱う応援歌
  3. 死闘苦闘は何するものぞ
    造大魂ここに在り
    深紅の闘旗を胸に抱き
    我は歌う応援歌

 

▲このページのトップへ

 

日見の山麓

  1. 日見の山麓若葉の蔭に
    老いた人情造大の書生さん
  2. 角帽かぶって網場道行けば
    波も逃げます造大の書生さん
  3. 網場の港にや入船出船
    恋し故郷の母船きたか
  4. 破れだたみで勉強しても
    恋に泣くのが造大の書生さん
  5. 鉄の茶椀に一膳飯で
    がまんするのが造大の書生さん
  6. 造大魂は質実剛健
    義理と人情の造大の書生さん

 

▲このページのトップへ