学納金

他大学より約100万円低額ですみます

 

(クリックで拡大)

4年間の学納金合計額を比較すると、理工系私立大学の平均が5,946,824円(※2)に対して、本学は5,020,000円と、926,824円低額ですみます。
※1 医療工学コースについては、年2間5,000円の履修費か別途必要です。
※2 平成29年度「学生納付金等調査」(日本私立大学団体連合会編から)

 

(クリックで拡大)

 

▲このページのトップへ

 

特待生制度

さらに学費をサポートします

 

4年間の学納金は次のようになります。

(クリックで拡大)

特待生制度に採用されると、4年間の学費は国公立大学の学費に近づきます。特に特待生A1の場合、国公立大学の学費よりも安くなります。

 

特待生Aとは

対象は、人物に優れ、成績上位者の者。上位をA1、それに次ぐ成績上位者をA2とします。A1は授業料の全額を免除、A2は授業料の半額を免除となります。選考は、一般入試、センター試験利用入試の成績で行います※。各年次、成績不良になると資格取り消しになりますので入学してからも頑張りましょう。

 

特待生Bとは

対象は、高度な特技・資格を有し、それを本学で発揮しようするなど、特色のある者。特待生A2と同じく授業料の半額を免除となります。選考は、AO特待生入試および外国人留学生入試(前期)の成績で行います※。各年次、成績不良になると資格取り消しになりますので入学してからも頑張りましょう。

参考

  • 「特待生インタビュー」はこちら(クリック)
  • 「あなたにあう入試制度」はこちら(クリック)
  • 制度の詳細は、『学生募集要項』をご請求いただくか(『大学案内セット』の中に入っています)こちらからダウンロードしてください
  •  

    ▲このページのトップへ

     

    その他の制度

    学費減免制度

    本学学部および大学院在学生の兄弟姉妹が入学した場合
    親子、夫婦が本学学部や大学院に同時に在学した場合
    本学学部および大学院卒業生の子女が入学した場合
    ※適用除外の場合もありますので、詳細は入試課にお問い合わせください。

    長﨑総合科学大学優待生

    学力、人物の優秀な者に対し、授業料を全額免除します。3年次、4年次に選考します。

    造船奨学生制度

    造船所が地元高校生の進学を奨励するために貸与する制度です。卒業後、一定期間勤務すれば全額もしくは一部免除されます。

     

    ▲このページのトップへ

     


    力におぼえのある者、集まれ

    NiASに特待生として入学した二人の学生とご家庭に声を聴かせていただきました。

     

    特待生A


     尾下 愛守 さん
     医療工学コース3年
     長崎県立西陵高校出身

    助かっています
    センター試験でうまくいかず、落ち込んでいたときにこの大学に出会いました。遠方の大学には合格したのですが、最終的に近くのこの大学を選びました。選択は間違いではなかったと実感しています。特待生制度を知ったのは大学のパンフレットを見てです。
    現在、わが家には大学生が2人いるので、特待生になってとても助かっています。特待生であり続けるには成績の維持が必要ですので、がんばっています。
    臨床工学技士の免許を取り、大学卒業後に看護師の免許も取ってスキルアップしたいと思っています。

    母から
    学費面ではもちろん、娘が特待生としての自覚を持ち、大学で目標を持って勉強できていることが大変ありがたいです。
    私自身、NiASの卒業生です。先生方が親身になって生活面まで気にかけてくださったり、少人数制度なので指導が行き届いていたり。昔と変わらずとてもいい雰囲気の学校で、親としても安心です。ロボコンを始め、様々な活動や勉強に励んでいる学生の皆さんを見て、NiASに入学させて本当によかったなと思っています。

     

    特待生B


     濱村 駿 くん
     建築学コース2年
     長崎県立大村工業高校出身

    得意な分野を活かしました
    高校時代は建築専門部というクラブ活動に属していました。奨学金のことはパンフレットで知りました。そこで本学が主催する第19回全国高校生設計アイデアコンテストに作品を応募しました。応募した作品は被災者が体育館内で使用する仮設ハウスについてでした。これが優秀賞となり特待生Bに採用されたのだと思います。
    実際に入学して、美術的分野から構造学まで広く学ぶシステムになっていることを改めて知りました。
    特待生Bになって授業料が半額になり助かっています。わが家は2人が大学に通っていますので特に実感します。NiASの特待生になるには、NiAS主催のコンテストや各種資格を多く取得しておくことや、部活動で実績をあげていることが大切だと思います。

     

    ▲このページのトップへ