本学は70年以上の歴史を誇る長崎県で唯一の私立理工系大学です。その特色は次の3点に要約できます。
まず、ものづくりやごとづくりを体感しつつ学ぶことによって、その知識と技術を磨き、高い技術を持った人材を育成していることです。単なる机上の研究で終わっていては、現場に強い人材は育成できません。
次に、小規模少人数教育を行っていることです。1学年の定員は235人。これが多様な希望に応1学年の定員は235人。これが多様な希望に応じて8コースに分かれますから、多くの授業で各コース20~30名程で学んでいくことになります。大規模大学とは異なり、同期の仲間全員の顔が分かり、先生方も一人ひとりの学生のみなさんを覚えることになりますので、教育の現場としては最適な環境になります。人は人によって成長していくものです。
これらの特色は、創設期から本学で脈々と受け継がれてきたスピリットと言えます。さらに、手厚い学習支援体制をとっていることも本学の特色となっています。つまり一人ひとりの学習の進捗度に沿うために、授業綱成を工夫するとともに、学習支援センターを設け、大器晩成型の学生を育てる体制を整えています。
このように本学は、技術習得と人格形成の両面で自らを高められる大学です。みなさんには本学で十分に学び、そして大学生活を楽しんでもらうことを願っています。

 


長崎総合科学大学 学長 木下 健

 

▲このページのトップへ