未来を創造する。

  • 電気電子工学コースIoTシステムプログラム
  • 機械工学コースロボット工学プログラム
  • 知能情報コースAIシステムプログラム

専攻コースを越えた教育プログラム始動!

これからの未来生活を支えるIoT・AIなどの分野に特化させた新・教育プログラムをスタートさせました。工学部の電気電子工学コースと機械工学コース、総合情報学部の知能情報コースの3コースを専攻する学生を対象に、コースの枠組みにとらわれることのない「横断的な学び」が実現しました。
他コースのカリキュラムを取り入れ、自由な受講システムは、近未来に必須とされる知識と技術を身に付ける大きなチャンスです。

従来のカリキュラムとは別に、分野横断型カリキュラムをプログラムとして選択可能

分野横断型カリキュラム

IoTシステムプログラム

電気電子工学コースIoTシステムプログラム

ネットの世界と現実の世界を繋ぐIoT技術は、今後私たちの暮らしを支えるシステムとして、これを自由に構築、創造できる技術者が必要となってきます。従来の電気電子工学技術だけでなく、インターネット技術・データ処理技術を同時に取得することができ、近未来社会で活躍できる優れた技術者を育成します。

将来の職種

ハード・ソフトの両知識を要するすべての職種情報通信技術者ソフトウェア技術者ハードウェア技術者生産品質管理技術者工業デザイナープロダクトマネージャー研究開発・教員

資格

  • IoTシステム技術検定試験
  • IoT検定

ロボット工学プログラム

機械工学コースロボット工学プログラム

農業や漁業といった一次産業からサービス業まで広範にわたりロボット産業は必須の分野として活用されています。ロボット開発には機械工学だけではなく、エレクトロニクス、ソフトウェア工学、制御工学などあらゆる分野の技術が総合的に必要で、本プログラムでは機械工学を中心に、幅広い知識を身につけたエキスパートを育成します。

将来の職種

工業デザイナー産業・精密機器自動車設計医療機器工作機器輸入機器、建設機器プラントエンジニアリング研究開発・教員ロボット・システム・インテグレータ など

資格

  • 機械設計技術者
  • ロボット検定
  • ロボット・セーフティ・アセッサ

AIシステムプログラム

知能情報コースAIシステムプログラム

人工知能(AI)は、様々な分野で社会実装が行われており、今後はさらにAIを道具として自在に使うことでデータサイエンスはもとより、様々な場面で応用できるAI人材が求められます。本プログラムでは、AIを実践展開する技術の習得を目指すとともに、プログラミング技術、ネットワーク技術、統計処理などを身につけた、即戦力を育てます。

将来の職種

AIエンジニアデータサイエンティストIT(情報技術)技術者AIコンサルタントマーケティング広告(クラウドサービス)金融(フィンテック)ヘルスケア商品開発自動運転システム開発 など

資格

  • G検定(ジェネラリスト検定)*
  • E資格(エンジニア資格)*
  • 画像処理エンジニア検定
*G検定/音声の認識、画像の特定、予測など人間が行うようなタスクを実行できるようにコンピューターに学習させる手法に関する検定
*E資格/電気・電子系技術者に求められる知識やスキルを測定する検定