学長メッセージ


長崎総合科学大学の大学院は、1976年4月に構造工学と流体工学の2専攻の修士課程として発足し、その後時代の要請に応えながら専攻が増え、現在では修士課程に、生産技術学専攻、環境計画学専攻、電子情報学専攻の3専攻があります。さらに2002年には博士課程総合システム工学専攻が開設され、今日までに数多くの学位授与者が誕生しています。この総合システム工学専攻では、専門領域における資質をより高度化し、多様な分野に対する広い視野とそれに対応できる能力を持った高度の技術者を育てています。
現在、地球に優しい再生可能エネルギー開発に関する地球規模での開発が望まれている中で、本学でも未利用バイオマス資源の有効利用と高効率燃料製造技術に関する研究開発、さらに海洋エネルギー利用の研究を実施しておりますが、これらの問題を解決するためには高度の技術と教育が不可欠です。
科学技術を発展させていく為には大学院での教育と研究はますます重要度を増して来ています。今後も数多くの若者が本学の大学院で、新しい世代へ向けて、新しい技術開発の為に学ばれることを心から期待しております。

 

研究科長メッセージ


本学園の「建学の精神」は、1.自己の確立、2.ものつくりとしての実行力、3.ものまねでない新技術の開発力、4.世界的視野の保持 です。当然、学部の4年間もこの理念に沿った教育を行っているわけですが、大学院 工学研究科においては、『ものつくり』の現場でオリジナルで、右顧左眄せず、先頭に立ってリードする技術者・研究者を育てることに注力して参りました。この方針の下、多くの優秀な人材を世の中に送り出してきています。
現在修士課程は、生産技術学専攻、環境計画学専攻、電子情報学専攻の3専攻で構成されています。学部は2学部8コースとなっていますが、大学院では学際的な研究を経験してもらうためにも3専攻にまとめたものです。
博士課程は、修士課程より更に広い視野を持った人材を育てるために、総合システム工学専攻という形を取っています。
本学では、実務経験豊かな教員による、少人数単位の講義やゼミを通して、必要な基礎学問を深く掘り下げ、納得するまで現象を観察しながら研究を進めるという、細部まで行き届いた、丁寧な指導をモットーとしております。また、学外の研究機関との交流も行っており、たとえば修士・博士課程の学生をJAXA(航空宇宙研究開発機構)に国内留学させるなどの実績があります。さらに、文部科学省の大学発グリーンイノベーション創出事業「緑の地の拠点事業」及び経済産業省のスマートコミュニティ構想普及支援事業に「東長崎エコタウン構想」が採択されるなど、地域と密接に結びついた教育・研究に取り組んでいます。

 

▲このページのトップへ

 

(クリックで拡大)

本学大学院には3つの専攻、12の系列を有する「工学研究科修士課程」と、さらにその上に「博士課程総合システム工学専攻」を設置しています。

 

修士課程(2年課程)

 

生産技術学専攻


生産技術学専攻では、船舶・浮体構造物・海洋機器・飛翔体・原動機・機械・建築構造物・基礎構造など、種々の分野に共通する構造工学・流体工学の理論について考究するとともに、両分野に及ぶ複合領域での工学上の基礎問題・応用問題、さらに高度なコンピュータ利用技術について教育と研究を行います。この教育と研究を通じ、以下のような研究者・技術者としての能力の獲得を目指しています。

  1. 構造・流体の両分野の幅広い知識を有し、それをモノづくりに生かせる能力
  2. 構造・流体の両分野の複合領域での工学上の基礎を理解し、研究開発できる能力
  3. コンピュータを駆使し、高度な解析ができる能力
  4. 他分野の専門家とも連携して成果を出せるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力

生産技術学専攻の4系列

材料工学構造材料・機械材料およびその溶接継手に関して、材料強度学・破壊力学の観点に立って研究します。また、鉄筋コンクリート構造物の耐震性・耐久性向上対策などについて研究します。材料に及ぼす環境因子の影響を定量化し、機能性の向上および評価法について解析的・実験的研究を行います。
構造工学板・骨組構造・薄板構造物・建築鉄骨など溶接構造物の、新しい概念を導入した構造解析システムや信頼度の高い総合設計法の開発に関する研究を行います。また、構造物の極限強度の新評価技術や損傷解析手法の開発に関する基礎研究を行います。
海洋流体工学気象・海象・海流・海洋波などに関する解析的研究を行うとともに、船舶や海洋構造物の流体工学的扱い、波浪中における運動などに関する解析的・実験的研究を行います。船舶を中心とする浮体の安定性・操縦性および波浪中の運動性能とその制御に関する解析的・実験的研究を行います。
機械流体工学流体の流れ、エンジンの作動物質の物性およびエネルギー交換・変換・移動理論を研究すると共に、各種エネルギー源を有効に利用する原動機の研究を行います。

 

環境計画学専攻


環境計画学専攻では、生活環境や生態環境、あるいは地域活性化や政策運営といった都市・地域問題からエネルギーや自然環境保全にいたる環境問題の分野を対象として、総合的かつ学際的な観点から、環境共生型の新しい計画理論や環境デザイン手法の開発などをめざす教育と研究を行います。この教育と研究を通じ、次のような研究者・技術者あるいはデザイナーとしての能力獲得を目指しています。

  1. 環境計画に関する専門的でかつ学際的な幅広い知識を有し、それを企画・計画・設計に生かせる能力
  2. 現代的な種々の環境問題に対する研究開発や調査分析と企画立案ができる能力
  3. コンピュータを駆使し、高度な解析やプレゼンテーションができる能力
  4. 他分野の専門家とも連携して成果を出せるコミュニケーション能力やシステム構築能力

環境計画学専攻の4系列

環境デザイン学望ましい環境のあり方をデザイン方法や設計手法を通して探究します。また、実際的なプロジェクトにおいて設計を行い実現を目指す教育研究を行います。
居住環境計画学人間の居住環境を安全でかつ快適に保全し創造することを目的に、計画的かつ政策論的 に教育研究をおこなうとともにその成果を特定地域の具体的な課題に即して立案提示す るかたちで実践します。
環境共生システム工学工学的、自然科学的な方法論により、人間と自然界が共生するための適正な環境システムの構築をめざした教育研究を行います。
社会情報学人文科学、社会科学的な方法論により、環境のあり方やその保全の方法、考え方を探究 し、さらには地域の文化や経済の振興、活性化を意図した研究教育を実践します。

 

電子情報学専攻


電子情報学専攻では、近年の高度情報化社会において特に注目されているネットワーク関連技術と、その応用情報システムとしてのヒューマンコミュニケーション技術に関して広く教育と研究を行い、これを活用することのできる人材を養成します。この教育と研究を通じ、次のような研究者・技術者としての能力獲得を目指しています。

  1. 電子工学から情報工学まで幅広い基礎知識と応用技術を兼ね備えた実践的能力
  2. 専門領域の探究とともに、システムとしての総合的な視野に立った研究開発能力
  3. 電子情報技術と人間との関わりを的確に理解し、新しい領域に挑戦する能力
  4. 他分野の専門家とも連携して成果を出せるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力

電子情報学専攻の4系列

電子デバイス学電子情報系の基礎的要素である半導体デバイスを中心に、その基礎から実際的な応用技術までを習得することを目的とし、バイポーラ・MOSデバイス、光半導体、量子効果デバイスなどに関する研究を行います。
医用工学人体の機能において、心臓血管系や筋肉骨格系の運動などは機械的な機能であり、また、高度に発達した医療機器は電気電子、機械工学によってもたらされた。本分野では、医療、福祉、介護分野における機器の更なる発展を目指した工学の研究を行います。
計測制御学物理現象のセンシングに必要な、信号の変換、伝送、信号処理、ならびに計測制御の応用領域としての知能ロボット、生産機械の自動化システムに関する研究を行います。
情報システム学人間と機械とを、ハードウェア、ソフトウェアの両面から結びつける手段としてのマルチメディア応用技術や、人工現実感に関する研究を行います。

 

▲このページのトップへ

 

博士課程(3年課程)

学部4年+修士2年+博士3年=計9年の学術探究は、 科学・技術分野における21世紀のリーダーを育みます。
博士課程は、これまでの修士課程における経験と実績を重視しつつ、専門領域における資質をより高度化し、多様な分野に対する広い視野とそれに対応できるような能力を持つ高度技術者の育成を目標とします。また、この課程での教育・研究をとおして、現代社会での必要な情報の収集とその処理能力を高め、自立して研究・業務活動に従事できる能力と高度な専門的知識を修得できるようにします。

 

生産技術コース

機械システム・車輛・航空機・宇宙ステーション・船舶・海洋機器・建築物等の各種構造物を構築・生産および運用するためには、共通する工学の基礎理論およびそれぞれの構造物に特有な生産技術を確立しなければなりません。
本コースでは、各種構造物の構築・生産と運用に係わる基礎理論と生産技術に関して教育・研究を行います。すなわち、構造物を形成する上で欠かすことのできない構造工学の分野から、構造物を構成する構造材料の機能、構造物の安全性、信頼性、および構造物の動的設計法等について、また、移動する構造物に欠かすことのできない流体工学の分野から、海上運航体(船舶)の抵抗推進性能・運動性能評価、海上での各種海洋構造物の性能評価および内燃機関のエネルギー交換・変換・移動等について教育・研究を行います。

 

環境技術コース

個々の生活レベルである地域環境から全生物の運命共同体としての地球環境に至るまで、今やいわゆる環境問題への対処は人類共通の課題となりつつあります。本コースにおいては、こうした広い視野に立っての相互批判的な問題の解読能力の育成を基盤に捉えつつ、主として、

  1. 人間居住環境の構成と計画・デザイン
  2. 環境共生システム技術
  3. 社会的・歴史的環境の保全活用計画
という3つの領域における基礎的かつ応用技術的な教育・研究を行います。

 

情報技術コース

21世紀は光技術に支えられた情報通信網が地域や国境を越え、しかも文化や政治・経済をも超えた新しいネットワーク社会を構築するといっても過言ではありません。
本コースでは、高度情報化社会の基盤となる電子情報系の基本的要素である電子デバイス学、光通信の主要な技術要素となる光工学、物理現象のセンシングシステム技術や計測制御の応用技術および人間と機械とをハードウェア・ソフトウェアの両面から結びつけるためのマルチメディア応用技術や人工現実感等について教育・研究を行います。

 

▲このページのトップへ

 

アドミッションポリシー

大学院工学研究科は、先端的、専門的な知識・技術を修得し、高度な専門的力量を備え、自立して人類の生活に役立つ“ものづくり”の研究・業務活動に従事できる技術者の育成を目的とします。そのために、本研究科は次のような学生を求めます。

  1. 学部における専門基礎知識を修得した、あるいは相当する学力を有する人
  2. より高度で先端的な専門知識・技術に対するチャレンジ精神と勉学意欲が旺盛な人
  3. 高い志を持ち、専門知識を活かした社会貢献を目指す人

詳しくは、『大学院案内』パンフレットをご覧ください。
〈請求先〉
長崎総合科学大学 大学院事務室
〒851-0193 長崎市網場町536
電話:095-838-3118
ファクス:095-837-0491


Graduate School Admission Policies
It is the aim of the Graduate School Master’s and Doctoral Programs to nurture technical experts equipped with both practical knowledge in state-of-the-art technologies and high-level professional skills, independent thinkers capable of engaging in creative research and development for the benefit of humanity.
To this end, prospective students should have the following qualities:

  1. Fundamental knowledge in a professional area acquired through undergraduate studies or commensurate training.
  2. Relentless drive in seeking state-of-the-art knowledge and technologies.
  3. Aspirations to contribute acquired knowledge and skills for the benefit of society.

For details, please refer to the "Graduate School Information" brochure.
〈For further information〉
Graduate School Office, Nagasaki Institute of Applied Science
536 Aba-machi, Nagasaki City 851-0193, Japan
Telephone:(81)95-838-3118
Facsimile:(81)95-837-0491
http://www.nias.ac.jp/graduate/pdf/pamphlet.pdf

 

 

ディプロマポリシー

「工学研究科 学位授与の方針等」

修士課程

  1. 本学において授与する修士の学位は次の通りとする。
    工学研究科 修士課程   修士(工学)・修士(学術)
  2. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の期間在籍し、工学研究科の教育理念・目標に沿って設定した修士課程の授業科目を履修して、基準となる単位数(30単位)以上を修得すると共に修士論文の審査及び試験に合格することが、修士(工学)・修士(学術)の学位授与の必要要件である。修士論文の審査及び試験は、その論文が研究の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値を有しているかどうか、修士学位申請者が研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する幅広い専門的知識、学術研究における倫理性を有しているかどうか等を基に行なわれる。

博士課程

  1. 本学において授与する博士の学位は次の通りとする。
    工学研究科 博士課程   博士(工学)・博士(学術)
  2. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の期間在籍し、工学研究科の教育理念・目標に沿って設定した博士課程の授業科目を履修して、基準となる単位数(10単位)以上を修得すると共に博士論文の審査及び試験に合格することが、博士(工学)・博士(学術)の学位授与の必要要件である。博士論文の審査及び試験は、その論文が研究の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値を有しているかどうか、博士学位申請者が研究企画・推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性を有しているかどうか等を基に行なわれる。

 

> 入試情報

 

> 各種支援制度

 

> 大学院パンフレット

 

▲このページのトップへ