各種支援制度_大学院


奨学金制度

長崎総合科学大学 大学院生で経済的理由により修学及び研究が困難な者に対して、本学では各種奨学金制度を設けています。

長崎総合科学大学
 特待生
新入生を対象として、人物・学力ともに優秀な者に対して、入学金および入学時から2年間(博士課程の場合は3年間)の授業料(教育充実費および実験実習科は含まない)を免除する。
長崎総合科学大学
 勉学奨励基金
修士課程の2年生を対象に学力、人格ともに特に優れている者の勉学を奨励、援助するために、選考の上30万円を最高限度として奨学金を給付する。
長崎総合科学大学
 奨学生
優秀な学生にして、主として経済的な理由により修学が困難となった者に対する貸与奨学金制度。
長崎総合科学大学
 学生納付金減免制度
在学生の父母等の経済的負担を軽減し、修学を奨励するため、本学在学生の兄弟・姉妹が大学院に入学した場合の学費減免制度。
日本学生支援機構
 奨学生
在学生で学力、人格ともに優れ、経済的理由により修学が困難なものに対して、日本学生支援機構奨学生に推薦することができる。なお、採用人員は日本学生支援機構からの内示数による。
第一種奨学金 <無利子>
修士課程 月額 5万・8.8万円より選択。博士課程 月額 8万・12.2万円より選択。(平成29年度)
第二種奨学金
  (きぼう21プラン)
<有利子3%以内>
5万、8万、10万、13万円、15万円から選択。

 

ティーチングアシスタント制度

本学大学院では、本学の教育の充実ならびに研究後継者の育成を図ることを目的として、学生の実験・実習・演習等を担当する教員の教育活動の補助業務に従事するTA制度を実施しています。

 

学会発表時の旅費補助制度

大学院生が学会で研究発表を行う時に要する経費の負担を軽減するために、研究指導費とは別に旅費を補助する制度です。

 

▲このページのトップへ