教員免許の取得が可能です。カリキュラムは、「教職」に関するものと「教科」に関するものから成り立っています。

教職課程

教職に関する科目

教育とは?授業はどう進める?といった基本から学びます。4年次の教育実習で、実際に授業を行い、学級経営に携わる経験をすることになります。

教科に関する科目

各コースと連携をはかりながら、専門科目を学習していきます。

取得可能な教員免許状

工学部 工学科

船舶工学コース、機械工学コース、建築学コース、電気電子工学コース

  • 高等学校教諭一種免許状/工業

総合情報学部 総合情報学科

知能情報コース

  • 高等学校教諭一種免許状/情報

マネジメント工学コース

  • 高等学校教諭一種免許状/商業

生命環境工学コース

  • 中学校教諭一種免許状/理科
  • 高等学校教諭一種免許状/理科

大学院 工学研究科

修士課程3専攻

  • 高等学校教諭専修免許状/工業

専任教員

 INTERVIEW

卒業生から

長崎県立長崎工業高校 教諭(インテリア科) 田平 幸絵さん
2003年度 長崎総合科学大学 工学部建築学科卒業/長崎県立長﨑工業高校出身

高校の先生の教え

教職の免許を取ったのは、高校の先生方の強い勧めによるものでした。実際、大学では多くの学生が教職課程を取っていました。

教職の魅力

この仕事の魅力は、生徒の成長をじかに感じられることにあります。たとえば、技術というものは徐々にしか身につかないものなのですが、ふとした瞬間にグンと伸びる時があります。本人がそれを実感し、顔が輝く瞬間はすばらしいものです。
また、学級が体育祭などの行事を自ら乗り越え、集団として成長した時もまた同様です。本校建築科の教諭10名のうち、3名が長崎総合科学大学出身者です。

先生と学生の距離が近い

長崎総合科学大学の思い出として、先生と学生の距離が近かったことが挙げられます。4年次はゼミ室にいて指導を受けながらずっと図面を描いていました。今でも大学に戻って学びたいことがあります。大学時代を、大切に過ごしてください。