長崎平和文化研究所

長崎ならではのメッセージを発信します。

原爆・軍縮、平和文化や科学の平和利用を研究し、講演会やシンポジウムなどで平和のメッセージを世界に発信します。毎年秋の本学学生・附属高校生平和意識調査の集計調査には学生も参加し、岩波ジュニア新書『ナガサキ 1945年8月9日』もこの研究所が編纂しました。

所在地 17号館1階

主な研究分野

長崎平和文化研究所構成員

所長
上薗恒太郎(共通教育部門 特任教授)
専任研究員
廣瀬清人(共通教育部門 教授)
木永勝也(共通教育部門 准教授)
柴田 守(共通教育部門 准教授)
李  桓(工学部工学科建築学コース 教授)
客員研究員
大矢正人
小川保博
高橋眞司
戸田 清
松岡 環
奥野正太郎
新木武志
四條知恵

研究所の活動

平和文化研究(紀要)ほか

本研究所では、紀要『平和文化研究』を刊行しています。新しい『平和文化研究』はオンラインで見ることができます。また、出版物もあります。