不正防止への取り組み

長崎総合科学大学では、文部科学省が示す「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日付け、2014年2月18日改正)及び「研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて」等を踏まえ、公的研究費の適正な運営管理及び不正行為防止についての規程を制定し、学長のリーダーシップのもと、常に適切な体制整備を構築、維持するとともに、研究費等の不正防止に取組んでいます。
なお、本学の管理体制、不正行為通報(告発)窓口は以下の通りです。

1.制定規程

2.管理体制

最高管理責任者:学長

統括管理責任者:理事(財務担当)、理事(産官学連携担当)

コンプライアンス推進責任者:工学研究科長、工学部長、総合情報学部長、図書館長、新技術創成研究所長、長崎平和文化研究所長、地域科学研究所長、産官学連携センター長、保健センター長、情報科学センター長、海洋スポーツ・文化センター長、共通教育部門長、事務局長、総務企画課長、財務課長、管財情報課長、学務政策課長、研究助成推進課長、学生課長、教務課長、入試課長、図書課長

3.不正行為通報(告発)窓口

研究活動上の不正行為に係る通報(告発)・相談の受付窓口は以下のとおりです。

※ 通報および告発にあたっては、次の様式をご使用ください。

情報公開

教育情報の公表