学部長から

基礎学理を身に付けたエンジニアを育成します。

これからのエンジニアには、エネルギー問題などの現代社会が直面する諸問題を解決する新しい技術の創成と、これらを地域社会に還元し役立てていく能力が、要求されます。
そのためには、大学時代に大いに学び、基礎学理をシッカリ身に付けておくことが、何より大事になってきます。
本学の工学部では、“基礎学理”を身に付けた上で、“ものづくり教育”を通して実践力を養い、グローバルな視野を持ち、イノベーションを牽引し、社会に貢献するエンジニアを育成します。

学びの特徴

学びの特徴

モノに触れる学び

実際にモノに触れながら学ぶ時間を充実させた、実学実践に基づいた教育をおこないます。

基礎から積み上げる学び

揺るぎない専門基礎を身につけることを掲げる本学。専門教科のベースとなる数学、物理、英語の苦手克服からはじめられるカリキュラムを編成しています。習熟度に合わせ、無理のないレベルからスタートできます。

NiASの基礎教育体制はこちら

分野にまたがった学び

工学部工学科が目指すものは「独創的な技術者」の育成です。新しいモノや価値観を生み出すためには、専門基礎を極め、他分野を広く学ぶことが必要です。他分野も学びやすいコース制を活かした教育をおこないます。

学部・学科・コース一覧はこちら
専攻コースを越えた教育プログラムはこちら

アドミッションポリシー

工学部工学科は、 一般・専門基礎知識を広く修得して、建学の精神にもある「ものつくりとしての実行力」「ものまねでない新技術の開発力」を獲得し、さらにコミュニケーション能力と国際性を身につけ、技術者としての倫理観を持った21世紀循環型社会の構築に貢献できる人材を養成することを目的とします。そのために、次のような学生を求めます。

ものづくりが好きで、科学技術に興味を持ち、
さらに能力を向上させようとする人

高い志を持ち、環境に優しいものづくりを通して、
社会に貢献したい人

工学部工学科のコース